妻がリフォームの打ち合わせに積極的で、夫は最終調整にだけ顔を出すというパターンは一番悪いパターンです。

いつかはリフォームしたい
いつかはリフォームしたい

リフォームで一番多く一番悪いパターンとは。

いつかはリフォームしたい
家のリフォームをする場合に一番多いパターンは妻が主導権を握り色々な部分を決め、業者とも妻が話し合い、夫が顔を出すのは最終調整のときだけというパターンです。一般的にリフォームに熱心なのは夫よりも妻で、細かいこだわりがあるのも妻であることが多いです。一方夫はそこまで興味があるわけではないので業者との話し合いの場に夫が出てこない場合が多いです。夫が出てくるのは最終的に費用が決まるところあたりで、最終調整としてあれこれ口を出して決定となることが多いです。このパターン、実はリフォームの際一番よくないパターンだと言われています。

このパターンの問題点は夫が最終調整にしか顔を出さないということです。普段の打ち合わせに顔を出さないので、妻がどんなところにこだわりを持ってリフォーム計画を立てたのか夫はさっぱり知らない状態です。その状態で最終調整をしようとするとどうなるでしょう?もう少し費用を抑えたいと思って妻が最もこだわっていた部分を削ってしまうんです。妻が一番叶えたいと思っている部分が台無しになってしまうわけです。当然妻は不愉快でしょうし、良い気はしません。「あの部分に一番こだわって今まで打ち合わせをしていたのに、ぱっと顔を出してその部分を削るなんて!」と思われるでしょう。だから夫は最初から打ち合わせに顔を出すべきなんですよ。

ピックアップ

Copyright (C)2017いつかはリフォームしたい.All rights reserved.