実家のリフォームのために費用を支援する場合、もしあなたが既婚者なら必ず妻と相談した上で支援しましょう。

いつかはリフォームしたい
いつかはリフォームしたい

実家のリフォーム費用、親孝行の前に

いつかはリフォームしたい
そろそろ実家もあちこち古くなってきたし、親もリフォームを考えているらしい。なら子供である自分もいくらかリフォーム費用を出してあげよう…という話は一見美談のように思えますが、実は離婚のきっかけになりやすい話でもあります。あなたが独身で実家に住んでいて、貯金からリフォーム費用を出すというのなら何の問題もありません。揉めることもないでしょう。また結婚していて親と同居という場合でもそこまで問題にはならないでしょう。問題は結婚して別居している場合です。夫は実家にいくらかのリフォーム費用を支援したいけれど、妻が良い顔をしないというパターンが多いんです。

そもそもリフォーム費用というのは結構まとまった金額がかかるものです。古い家になってくると10万単位どころか100万単位でお金がかかることもあります。そんな大金を妻に何の相談もなく夫が出すと言ったらそりゃあ揉めるに決まっています。仮に夫が独身のときの貯金だとしても妻からすればあまりいい気分ではないと思います。そんな余裕があるなら家のローンを繰り上げるのに使ってよ!と思うかもしれませんね。また男性の中には夫婦の貯金から実家のリフォーム費用を「親孝行」の名目で出そうとする人もいます。これも当然揉めます。だから必ず双方話し合って納得してから出すようにしてください。

ピックアップ

Copyright (C)2017いつかはリフォームしたい.All rights reserved.