築年数の新しい中古の一戸建て住宅を購入し、リフォームをすることで現在快適に暮らすことができています。

いつかはリフォームしたい
いつかはリフォームしたい

中古の一戸建て住宅をリフォームしたことについて

いつかはリフォームしたい
私の地域では1坪あたりの時価の値段が高いため、主人と私の年収を合算して考えても、新築一戸建て住宅を購入することは難しい状況でした。主人と私にはマイホームを購入したいという思いがありましたが、主人と私の収入を合算し住宅ローンの申請をしても、住宅ローンの審査をパスすることが困難なため、新築の一戸建て住宅を購入することは諦めていました。小さい家でも自分の家を持ちたいという夢を捨てることができなかったため、主人と相談し中古の一戸建て住宅を購入することにしました。

中古の一戸建ての家を購入しても、わりと築年数が新しい家の場合、家内をリフォームすることで十分住むことができる家になります。リフォームをする場合、自分の気に入った壁紙やお風呂、キッチンなどを自由に決めることができるので、マイホームを購入したという感覚を得ることができます。主人と結婚したばかりの頃は、新築の物件に拘っていましたが、子供の将来のことや自分たちの老後のことを考えると、無謀な住宅ローンを借りるより、少し余裕を持った生活をすることで、毎日を楽しく暮らすことができます、無謀な住宅ローンを借りてしまうと、日々住宅ローンの返済のことばかりになり、余裕を持った生活を送ることができない可能性があり、何かアクシデントがあることで、返済することが困難になってしまう可能性があります。中古の一戸建て住宅を購入し、リフォームをすることで私は幸せに暮らすことができています。

ピックアップ

Copyright (C)2017いつかはリフォームしたい.All rights reserved.