外壁は定期的にメンテナンスを行い、劣化があればリフォームする事が大事。サイディングと塗り替えの方法があります。

いつかはリフォームしたい
いつかはリフォームしたい

外壁のリフォームには、サイディング重ね張りと塗り替えがある

いつかはリフォームしたい
住宅の外壁は、常に雨や風・紫外線にさらされ、何年も経つうちに劣化してきます。例えば10年に1回など、定期的にメンテナンスを行わないといけません。色褪せたり、剥げてきたりなど、美観を損ねたり、住宅にとって重要な性質の耐水性、遮音性、断熱性などが低下してしまいます。その結果、全体的な建物の耐久性も低下してしまうのです。外壁には、3つの性能があり、1つでも損なわれるとメンテナンスやリフォームが必要になってきます。

それでは、どんな性能が必要かでしょうか?1つめは、模様や材質、色合いなどをきれいに保ち、家を美しい状態に維持します。2つめは、雨や風、熱を防ぎ、内側と外側の音を遮音する事が出来る、防御的な機能です。3つめは、建物にかかってくる重さの負担を和らげて、家全体の耐久性を高める機能です。そろそろ外壁のメンテナンスをしなくてはいけないという、素人でもわかる、簡単な方法はないでしょうか?それは、外壁を手で触って、白い粉がつくようなら、劣化が既に進行しているというサインです。他には目で見て、はがれがある、ひび割れがある、劣化している、結露が原因の劣化がある場合、少しでも早いリフォームが必要です。このまま放っておくと、外壁が水を吸収してしまい、外壁が変形したり、冬には凍結したりする原因になります。

実際に外壁をリフォームするには、2通りの方法があります。外壁を張るサイディングと、新しく塗装をする塗り替えがあります。サイディングとは、外壁に張る板状の外壁材の事です。これは、耐久性に優れた性質を持ち、種類は窯業系、金属系、樹脂系のサイディングがあります。デザインも豊富なので、お好みのテイストに合わせたものを選ぶ事が出来ますよ。優れた断熱性を持つので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごす事が出来ます。省エネも期待出来る方法なのです。メンテナンス性も良く、汚れたら、自分で洗い流す事が出来て、簡単です。既存の壁を壊す事なく、上から張る、重ね張りが簡単でおすすめです。工期も短期間で済みます。塗り替えは、単純に外観を守るという事だけでなく、雨風や紫外線から家を守る働きをします。

Copyright (C)2017いつかはリフォームしたい.All rights reserved.